×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

セルライトの正体とは!?…3つの主な説

セルライトは、主に女性の腹部、臀部(お尻)、大腿部に不均一かつブロック状に存在するといわれる皮下脂肪における塊状のもの。主に女性を中心として、美容業界、健康食品業界で取り上げられています。セルライトは最初、小さなものが1つ出来ると、周辺に出来た他のセルライトと結合して、徐々に肥大化、硬化し、更に肉眼でも皮膚の表面ではっきりわかるものになります。セルライトが硬化してくると、セルライト塊の圧迫で周辺の細胞の代謝機能が下がり、肌は弾力、張り、つやを失い、かさつき等が現れてくると考えられています。
<セルライトの正体3つの説>
現在、セルライトの正体(原因成分)は@脂肪組織に老廃物や水分が溜まったもの、A脂肪細胞同士が付着してできる脂肪の固まり、Bリンパ液の固まったもの、の3つの主な説があります。
※セルライト対策・解消法としては、スリミング化粧品(皮下脂肪を減少させたり、むくみやたるみを引き締めるボディーケア機能を有する)や健康食品。セルライトマッサージエステやマッサージ器具等がありますので、自分のライフスタイルにあわせて、ご自身が継続できるセルライト対策を比較検討しましょう。

セルライトはいつごろから話題になったのか?

セルライトは合成語で、「Cellule(細胞)+ ite(鉱物):細胞の鉱物化(硬化)」という意味をあらわし、フランス発祥といわれています。1973年、ニューヨークのエステティックサロンの経営者であるニコール・ロンサードによるセルライトについての著作が話題になり「オレンジピールスキン」対策と同様、欧米の女性を中心に知られるようになりました。(※尚、セルライトは医学的な見地による用語・定義ではありません)
※「オレンジピールスキン」とセルライト
セルライトの説明の中でよく引き合いに出されるのが「オレンジピールスキン」という言葉です。セルライト塊が大きくなると肌表面でデコボコ状に現れてくることから「オレンジピールスキン」つまりオレンジの皮のような皮膚と呼ばれているようです。「オレンジピールスキン」といわれる肌のでこぼこの状態は、皮下脂肪が溜まった結果、肥大した脂肪細胞を分化している線維芽細胞が皮膚の方に引っぱられた状態であろうと考えられています。

スポンサード リンク

日本人の女性とセルライト

本来、アジアの女性の皮膚は、欧米女性のそれと比較して厚みがあり、セルライトが肌の表面的には目立ちにくかったのですく、あまり認識されていませんでした。しかし最近の食生活の欧米型への変化も影響してか欧米の女性特有と思われてきた下半身の脂肪のつき方が、日本の思春期を過ぎた女性にも見受けられるようになり、「目につくセルライト」が悩みの一つとなっています。
■セルライトが顕著に表れるのは、下腹部、お尻、太もも、二の腕、ふくらはぎなど。また、その他、顎(あご)、わき腹、顔のむくみやたるみも、セルライトの表れとされています。
■セルライトができる原因として…
セルライトができる原因は、女性は男性に比べ、下半身部分の脂肪が多い上、主に運動不足による血行不良やリンパ液の流れの悪さによる、(エネルギ′vな水分が溜り、セルライトがつきやすい傾向にあるようです。また、食生活の乱れ、消化不良、必須栄養素不足も原因になるといわれています。
◆セルライトは、太った女性のみの悩みではなく、「痩せている女性」でも、加齢や更年期、出産などによって、いつの間にかセルライトが付いてしまったというケースが多くあります。
※尚、セルライトは医学用語ではなく、医学的な見地による存在は定義されていません。

Copyright © 2008 セルライト 安心ケアのための基礎知識